MENU

アメックス(アメリカン・エキスプレス)の歴史・伝統や秘密

アメックス(アメリカン・エキスプレス)の会員数は2008年時点で約7800万人に達しているといわれています。
現在の筆頭株主はウォーレン・バフェットが率いる投資会社バークシャー・ハサウェイ (12.1%) です。
※調査時の情報です。

 

ウォーレン・バフェットは世界の大富豪、マイクロソフトのビル・ゲイツに次ぐ、大富豪だったりします!

 

アメックス(アメリカン・エキスプレス)の歴史と人気の秘密

 

アメックスはクレジットカード事業だけのようなイメージがありますが、実はトラベラーズチェックや旅行代理業をはじめとする旅行事業のほか、クレジットカード事業、法人向け銀行事業、プライベートバンク、投資信託、保険業等様々な事業を手がけています。

 

法人に向けたコンサルティング、調査活動もおこなっています。

 

本拠地のあるアメリカの他、日本やイタリア、イギリス、メキシコ、カナダ、オーストラリアなどを主な市場として、世界各国でクレジットカードの発行を行っている他、現在世界140カ国に2,200のトラベル・サービスオフィスを展開しています。

 

1989年に発生した六四天安門事件では、戒厳令下の北京に取り残されたアメリカ人旅行者の脱出を手助けするなど、単なるクレジットカード会社、もしくは旅行会社の枠を超えたサービスを提供し続けています。クレジットカード会社ではなく、人生のライフパートナーたらんとするその姿勢がアメックスの信頼の秘密といえます。

 

アメックスを利用した人は一生アメックスを利用し、家族もアメックスを利用します。

 

それほど、各種サービスが充実しており、信頼できるパートナーであると感じています。

 

それが長い間最高級のサービスブランドを維持し、トップであり続けるアメックスの人気の秘密なのです!

 





オススメの定番アメックスカードはコチラ

アメックス・グリーン アメックス・ゴールド アメックス・ビジネス

→ 詳細と入会

人気のアメックス・グリーンカード。日本、世界中で安心して利用できます。この一枚で全て満足。海外旅行保険も充実。

→ 詳細と入会

アメックス・ゴールドは日本で最も人気のゴールドカード。ステイタスと大人の証明に是非。もちろん各種サービスも充実。

→ 詳細と入会

アメックス・ビジネス・ゴールドは経営者の方に最適。ビジネスシーンでの利用は節税等の面にも◎。
アメックスの審査基準 アメックスの年会費 ポイントシステム
アメックスの審査基準、入会基準について。 グーリン、ゴールド、プラチナ、ブラックの年会費。 アメックスの充実したポイントプログラム。

▲ページTOPに戻る